SENIOR


学ぶのに遅過ぎることはない。

適正に刺激さえ与えれば何歳になっても、脳細胞が新しく形成されることが分かりました。テラセンサを使ってトレーニングをすると、高齢者の方は自分の能力への信頼度を取り戻せます。系統的に作り上げたトレーニング方法は、効果的に転倒を予防します。理学療法士の指導で、一歩ずつ患者は支持力、耐久力そして運動システムに持続的な安定化をもたらします。

特許権を有するテラセンサのレリーフは高齢者の方のために安全な練習方法を提供します。日常生活と同じように刺激を与えるトレーニングです。大人の足の体性感覚は、特に平衡感覚と協調能力のための不可欠な情報を送ります。テラセンサのトレーニングは高齢者の方の現状能力のハードルを越えることを支援します。バランスを向上させ、歩行を安定化し、その反応の喜びを増進します。 最初の練習時間は10~15分、トレーニングが進めば30~45分まで伸ばすことができます。目的は疲れないで、関節の筋肉安定化を最適化することです。これによりトレーニングセッションの中で各機能に負荷がかかり、体が鍛えられます。